ホールと調理

求人の多い飲食店のホールと調理

アルバイトの求人が多く、正規雇用の求人も他の職種に比べると、多いとされている職場の一つに飲食店があります。

飲食店では、16歳の高校生などの年齢から、定年を迎えた方までの幅広い年代の方を求人募集している店舗も多く、年齢層問わずに働くことのできる職場であり、その種類も日本食からファーストフード、中華料理などさまざまな種類のお店があり、全国に展開しているチェーン店から個人で営業をしている個人経営のお店まで多くあることから、全国的にも求人数の多い職種となっています。
飲食店で働くためには、ほとんどのお店がお客さんの接客から料理の配膳などをするホールと、料理の調理をするキッチンに別れていて、お客さんを長時間待たすことなく役割分担を決めて働く形をとっています。

ホールとして働くためには、お客さんを出迎えてお冷やを出したり注文を取ったり、出来上がった料理を配膳したりする業務があるため、お客さんとのコミニュケーションが必要となるために、失礼のない言葉づかいや態度をしないように気を付けたり、直接お客さんと接することが多いので身だしなみを人一倍気を付けることが大事で、ホールとして働くために必要となる資格などは特になく、初心者でも働くことができますが、ホールとして働くためには、お店の全体を見渡すことができ、お客さんの必要なものをすぐに提供できるスキルやお客さんが気持ちよく食事を楽しめるような接客をするスキルなども必要となります。

ホールではなく、キッチンとして働くためには、お店で提供する料理を作ることのできるスキルが必要となります。

キッチンが行う調理には、チェーン店などであれば軽い調理や調理補助などですむ場合もありますが、個人経営や大型の店舗などであれば材料を切り、炒める、味付け、盛りつけなどのすべての行程を行わなくてはならないお店などもあるため、ある程度の料理を作ることのできるスキルが必要となってきます。

スキルがなくてもキッチンとして、一から見習いという形で働くことができますが、お店によってことなりますが、キッチンとして働くためには、ある程度の料理のスキルがあった方が働きやすく、また調理師などの資格を取得しているかたなどを積極的に雇っている飲食店なども多くある傾向にあるために、キッチンとして働きたい場合には、自分で努力を重ねてスキルを磨くか、飲食求人でも店で一からスキルをみがくという方法などがあります。

最新記事

  • 代で飲食求人の採用は狙うなら 30代になってから飲食求人で採用を狙う場合、雇用形態によってかなり難易度が変わっ …

    30代で飲食求人